BEN LAMAR GAY

アヴァンギャルド・ジャズとフューチャー・ソウルで知られるBottle Treeのメンバーかつ、プロデューサーとして独自な活動を魅せる、コルネット奏者ベン・ラマー・ゲイ、デビューアルバムが完成!!

“ドン・チェリー、トム・ゼー、ビッグ・ボーイ、サンダーキャット、レイモンド・スコット、あるいはデイデラスの音楽が好きなら、ベン・ラマー・ゲイも好きになるはず”、という宣伝文句もあながち嘘じゃない。このシカゴ出身でブラジルでも暮らしたコルネット奏者/シンガー/作曲家/プロデューサーは、AACMやシカゴ音響派から、コズミックなR&B、ブラジル音楽までが混然一体となった音楽を作り出している。シカゴのいまの面白さを象徴するサウンドだ。(原 雅明 ringsプロデューサー)

アーティスト : BEN LAMAR GAY (ベン・ラマー・ゲイ)
タイトル :  Downtown Castles Can Never Block The Sun (ダウンタウン・キャッスルズ・キャン・ネバー・ブロック・ザ・サン)

発売日 : 2018/05/23
価格 : 2,130円 + 税
レーベル/品番 : rings (RINC42)
フォーマット : CD

解説 : 柳樂光隆 (Jazz The New Chapter)

International Anthem / rings

Tracklist :

1. Vitus Labrusca
2. Muhal
3. Music For 18 Hairdressers: Braids & Fractals
4. Jubilee
5. A Seasoning Called Primavera
6. Miss Nealie Burns
7. Me, JayVe & The Big Bee
8. Uvas
9. Galveston
10. Swim Swim
11. Kunni
12. Melhor Que Tem
13. Gator Teeth
14. 7th Stanza
15. Oh no…not again!
16. Lamps (Bonus Track)
17. The Glorification Of Small Victories (Bonus Track)

© rings Official

  • Instagramの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸